定番料理をおしゃれに盛り付け、おもてなし料理に♡晩ごはんを楽しく作りませんか?

おうちごはんの定番料理、茶碗蒸し・おでん・そうめんを、ちょっとおしゃれに盛り付けることで、ごちそう感を出し、おもてなし料理にしてみませんか?

茶碗蒸しは一見難しそうですが、白だしとフライパンを使って簡単、失敗なしです!
まだまだ暑い季節、冷たいおでんをおいしそうに盛り付けて、もりもり食べてもらいましょう!

そうめんは一口ずつ可愛く巻いて、またそうめんなの~?とは言わせません(笑)

プルプル茶碗蒸しを作りましょう!


プルプルな茶碗蒸し、大好きな方は多いですよね!
ちなみに卵液は、卵に対してだし汁の量を 3 倍強程度にします。ここでは卵M サイズ約 55g で計算しています。
基本の量を覚えるために細かい数値で書きますが、だしが多すぎてもちゃんと固まるので、卵の量はわざわざ測定しなくてもよいですし、だしと水の量もこんなに細かく測らなくて も大丈夫です!
ちなみに卵L 玉は約 60g、S 玉は約 50g と覚えておけばよいと思います。
茶碗蒸しは材料を卵液と一緒に入れて蒸しますが、蒸しあがったあとに、具をトッピングすると、とっても豪華な茶碗蒸しに変身します。
トッピングするものは卵液に入れないで、どうやって調理するの?
私は茶碗蒸しを作るときは、一緒にお吸い物を作ることが多いので、その出汁でトッピングの具材を煮ます。

茶碗蒸し    2~3 人分
【材料】
卵    M 玉 2 個   55ml×2=110ml
だし    M 玉 1 個に対して 170ml×2=340ml
白だし(だし1対水9のものであれば…)17ml×2=34ml
水(だし 1 対水 9 のものであれば…)17×9×2=306ml
酒    大さじ 1
薄口醤油    小さじ 1(なければ普通の醤油でも OK) トッピング用の具
手毬麩     2~3 個しめじ
6 本くらい海老         2~3 個
三つ葉    少々
卵液に食材を入れて蒸す場合、お好みで、ささみ、銀杏、海老、かまぼこなど

【レシピ】
① 卵 2 個を割り、泡立てず、卵白を切るように混ぜる。
② だし汁、酒、醤油を入れ、軽く混ぜたら、茶こしか味噌こしでこす。

③ 器に流し入れる。
具を入れる場合は器に入れて置き、卵液を流し入れる。

④ フライパンか中華鍋に水を、器の半分くらいの高さに入れ、沸騰させたら、③の器を入れる。
蓋つきなら蓋をして、フライパンにも蓋をする。
とろ火に近い弱火で 10~15 分蒸す。

⑤ 蓋を開けてみて、卵液がプルンと盛り上がっていたら、出来上がり!
*火が強すぎると、表面にスが入るので、火加減はとろ火~弱火で行ってくださいね。

⑥ トッピング用具材の手毬麩、しめじ、海老をお吸い物用の昆布だしの汁で煮たら、取り出す。

⑦ ⑤の茶碗蒸しの真ん中に集めるように具材をトッピングし、三つ葉を飾る。

蓋なしの器で茶碗蒸しを作る場合の注意点
上記と同じように、水を熱したフライパンに、蓋なしの器を並べたら、フライパンに蓋をする。
蓋がドーム型になっていれば水滴は蓋をつたってフライパン内に落ちますが、蓋が水平な形の場合、水滴が卵液に入らない様に、菜箸をかませて斜めにするとよいです。

冷やしおでん


冷やしおでん

【材料】
ちくわ    2 本
さつま揚げ    2 枚
ゆで卵    2 個
湯むきトマト     2 個
冬瓜    4 切れ
茄子    1 本
パプリカ    4 分の 1 個
ソーセージ    2 本
とうもろこし     4 分の 1 本
タコ    2 足
だし汁    400ml
酒    大さじ 2
みりん    大さじ 2
薄口醤油    小さじ 1
塩    小さじ 1

【レシピ】
① とうもろこしは、ラップでくるんで、レンチンしておきます。
*粗熱が取れるまではラップにくるんだままにすると、実がしわしわになりにくいです。
② ゆで卵を作っておきます。
③ さつま揚げは、さっと熱湯に通し油抜きする。
④ 茄子はガクを取り除き、縦半分に切り、格子状に切り込みを入れる。パプリカは縦に 4 つに切る。
茄子とパプリカを熱したサラダ油大さじ 1 で焼いておく。
⑤ 冬瓜は皮を大きめの一口大に切り、綿と種を取り除き、皮を薄めにむく。
*冬瓜は皮を薄くむくと、緑色が残り、繊維の線が見え綺麗です。
⑥ 鍋に、だし・酒・みりん・薄口醤油・塩を入れ煮立て、冬瓜を入れて落し蓋をして弱火で 10 分くらい煮る。
ちくわ、さつま揚げ、ソーセージ、茄子、パプリカを加えひと煮したら、タコを加えさらにひと煮させ、火を止める。
*火の通ったタコの表面は傷がつきやすいので触らないよういする。
⑦  とうもろこし、ゆで卵を加え、粗熱が取れたら、湯むきトマトを加え、冷やしておく。
⑧  盛り付ける。

ごちそう感を出す盛り付け方

ごちそう感

真ん中を高くドーム型になるように食材を配置する。(写真の黒の線になるように)
土台になりそうな食材を置き、順番に食材を食材にもたせ掛けるように配置する。
*食材を器にもたせ掛けると、まとまりなく見えます。器のふちは見えるようにしましょう。(写真の青の線より内側に食材をおく)
中心が高く、器のふちに食材がのっからないように盛り付けるのは、多くの料理に適応すると思います!

桃色タルタルのチキン南蛮


桃色タルタルのチキン南蛮

【材料】
鶏むね肉    2 枚小麦粉
溶 き 卵 サラダ油
南蛮だれ
だし汁    大さじ 1
酢    大さじ 2
みりん    大さじ 2
醤油    大さじ 2
砂糖    大さじ 1.5
輪切り唐辛子    ひとつまみ

しば漬けタルタル
紫玉ねぎのみじん切り     4 分の 1 個分
ゆで卵のみじん切り     2 個分
しば漬けのみじん切り     大さじ 2
マヨネーズ    大さじ 3
牛乳    大さじ    0.5
レモン汁    小さじ 1

【レシピ】
① 上記のしば漬けタルタルの具材を混ぜておく。置いておくと桃色になります。
② 鶏胸肉に塩胡椒する。
③ 小麦粉をまぶし、溶き卵につけ、1 ㎝くらいの高さに入れ熱したサラダ油で両面じっくり焼く。
④ 焼けたら肉を取り出して、フライパンの油をふき取り、上記の南蛮だれの材料を入れて熱し、肉を浸してすぐに取り出す。
⑤ 切って盛り付ける。
⑥ 桃色タルタルをたっぷりのせる。
グリーン野菜、トマト、レモンと一緒に盛り付けるととても映えますよ!

くるくるそうめん


くるくるそうめん

【材料】
茹でたそうめん
小口切りのこねぎ     1 本分

【やり方】
① そうめんを一口分つまみ、冷水に通す

② 真ん中あたりを菜箸で持ち、手を添えてくるくる。
*ゆるいとほどけてしまうのでややきつめに巻く。

③ 皿に対して垂直に菜箸を立てる。
*皿は滑りにくい素材を選ぶと形がキープしやすいです。

④ 手で押さえながら、優しく菜箸をまっすぐ上にひき抜く。

⑤ 小ねぎを散りばめる。

くるくるそうめんタイトルの下には色々な食材をトッピングしたそうめんをのせています。
大人には香味野菜など、子供には野菜やハムなどをくりぬいてのせたりすると、喜んでもら えるのではないかと思います!

まとめ


私たちの大好きな定番料理の盛り付けを工夫したり、可愛くすることで、純粋にお料理を楽しんだり、またお友達やご親族を招いてのおもてなし料理のヒントになれば幸いです!

筆者のInstagramはこちら!


 

この投稿をInstagramで見る

 

伊藤家の食卓さん(@etsukokum)がシェアした投稿

The following two tabs change content below.
リアタイ 編集部

リアタイ 編集部

「明日役立つカワイイをあなたに」をコンセプトに明日役立つ知識や、インフルエンサーのあれこれをお届け♡

関連記事

  1. 念願のくびれボディが叶う?夏までにゆがんだ骨盤をスマートシェイプ!!

  2. 「月3万円で美味しく作るおうちごはん」1時間あれば作れちゃう簡単時短メニューをご紹介♡

  3. 今週の土日はウルトラジャパン!(9月14日、9月15日)今年流の映える楽しみ方♡

  4. タピオカ、チーズハットグの次は何が流行る?最新インスタ映えメニューを調査!!

  5. 新社会人生活はどう?仕事もプライベートもより充実させるための生き方革命!

  6. 「恋愛下手だね」ってよく言われる。そんな苦手な恋を克服するにはどうすればいいの?

  7. 春は甘酸っぱい季節♡たまには過去を振り返って青春デートをしてみよう!!

  8. 早起きは三文の徳! 優雅なモーニングが食べられるお店特集♡

  9. 幸せを掴む為の13ヶ条!この人と付き合えば本当に幸せになれる?彼との将来を占います♡

人気の記事をPICK UP

インフルエンサー特集記事

PAGE TOP