令和の夏こそ彼氏ゲット♡おすすめ出会いの場はどこ?

夏といえば恋、そして出会いの季節です!
夏は出会いの場がたくさんあるので、彼氏を作るには絶好のシーズンがやってきます。
しばらく彼氏がいない人は令和に元号が変わった今年こそ、彼氏をゲットして楽しい思い出を作るチャンスです。

そこで今回は、おすすめの出会いの場をピックアップ。
彼氏がいない人は積極的に夏のイベントに参加してみてはいかがですか?

男性と出会えるおすすめスポット10


出会いスポット
出典:pixabay.com

①海

海は夏の出会いスポット代表。
でも、海で出会う男性って基本チャラいのでは?と考える人も多いと思いますが、そんなことはありません。
夏の海は大胆になれる場所だからこそ、勇気を持って話しかけてくる男性もいるのです。
男女グループで海に行くと声をかけずらいので、女の子数人で行くのがおすすめ。
声をかけられてきたら、最初は楽しく会話をしてみましょう。
夜まで一緒だと、ちょっと危ない雰囲気もあるので、意気投合したら連絡先を交換して別日に会うのがおすすめです。

②プール

プール
出典:pixabay.com

プールも海と同じくらい男性と出会える場所です。
特にホテルのナイトプールは幻想的な光で照らされるので、2倍増しで可愛く見えます。
海と同じく危ない男性が多いのでは?と思いがちですが、ナイトプールも大胆になれる場所。
本気の恋愛を探している男性も結構いるのです。
声をかけられたら、しばらく会話を楽しんで「いいかも」と思ったら連絡先を交換して後日会うのがおすすめ。
身体目的かも?とちょっとでも思ったら、バイバイして他の男を見つけましょう。

③野外音楽フェス

夏は各地で野外音楽フェスが開催されます。
複数人で来ても見たいアーティストが異なることもあるので、その場合はチャンス。
同じアーティストを一人で聞きに来た男性に声をかけられ、結婚したという例もあります。
好きなアーティストが共通しているので、結婚や付き合うまでいかなくても音楽の趣味も合う友達ができる可能性は高いです。
野外音楽フェスに来ている人たちはみんなテンションが上がっているので、気軽に話しかけるチャンスでもあります。
自分から積極的に声をかけちゃいましょう。

④BBQ

BBQも夏のイベントでは出会いの場として押さえておきたいところ。
女友達同士でBBQに行くと、男友達同士で来た人たちに声をかけられることが多いです。
男性からすると、だいたい4人〜6人くらいのグループが声をかけやすいんだとか。
出会い目的で女友達と一緒にBBQに行って、出会いをゲットするのもおすすめです。

⑤花火大会

花火大会は浴衣姿にアップスタイルで女性らしくキメるのがおすすめ。
浴衣は普段の服装より断然女性らしく見える、夏ならではのファッションです。
花火を浴衣で見上げる姿はなんとも美しく、声をかけたくなる男性も多数。
花火大会は女友達2〜4人くらいで行くと声をかけやすいそうなので、彼氏がいない友達を誘って花火大会に行ってみてはいかがでしょうか。

⑥地元の夏祭り

地元の夏祭り
出典:pixabay.com

地元の夏祭りは小・中・高の友達やクラスメイト、幼馴染と久しぶりに会えるチャンス。
昔は全然話したことがなくても、顔見知りなら懐かしさもあり男性から声をかけることも多いです。
そこから意気投合して、連絡を取り合うようになり、恋愛に発展する可能性は大!
海やプール、BBQなど全く知らない人と出会うよりちょっと安心した出会いが欲しい人は夏休みを利用して地元の夏祭りに行ってみるのがおすすめです。

⑦街コン

街コンは夏ならではの企画が目白押し。
ビール街コン・盆踊り街コン・夏祭り街コンなど夏らしいイベントと出会いを組み合わせた企画が各地で開催されています。
女性は参加費が安く済むのも嬉しいポイント。
街コンは気軽に参加できる上、カップルになる確率も高いです。
今まで街コンで良い出会いがなかった人も、夏ならではのイベントなら今まで街コンに参加しなかった層と出会える可能性は高いです。
また、「ゼクシィ 縁結びイベント」では、非日常的な体験ができるバスツアーや趣味・スポーツ×婚活を掛け合わせたイベントが定期的に開催されています。
本気で相手を探している人は街コンよりも縁結びイベントのような婚活目的のイベントに参加するのもおすすめです。

⑧避暑地

避暑地には県外からたくさんの人が集まります。
ただ避暑地に行くだけでは出会いはありませんが、ちょっとしたポイントを押さえると出会う可能性が高くなるのです。
それは、ツアーに参加して1人旅をすること。
女性の一人旅は年々増えており、同じように男性も夏休みの期間を使って一人旅する人が多くなってきています。
ツアーには同じ一人で旅する人が結構集まるので、そこで良い出会いがあるかもしれません。
しかも、一人で旅するアクティブな男性なので会話も弾みます。
軽井沢・那須高原・六甲山などが若者にも人気の避暑地なので狙い目でおすすめです。

⑨海外旅行

海外旅行
出典:nsplash.com

最近、男性2人で海外旅行をする人が急上昇中。
特に物価の安いアジア圏が人気で、女性2人組で行くと声をかけられることも結構あるのだとか。
海外旅行は同じ日本人がいると安心する上、一緒にいる時間が長いとそこからぐっと距離を縮めることができるのです。
夏休みの期間を利用して海外旅行を検討中の方は女性2人でアジア圏へ旅行するのもおすすめです。
もちろん、旅行がメインで楽しんで、出会いがあったらラッキーくらいの感覚ですが、その出会いは例え付き合わなくても一生付き合える友達ができる可能性は結構あります。
ツアーなら同じ日本人も多いので、出会えるチャンスは拡大しますよ。

⑩ビアガーデン

ビアガーデン
出典:pixabay.com

夏といえばビアガーデン。
都会の夜景に美味しいビールと料理を楽しむ絶好の機会です。
お酒が好きな人は女友達と一緒にビアガーデンに行ってみましょう。
フランクに話しかけてくれる男性も多く、身体目的で近づく人は少ないです。
お酒も入っているのでほろ酔い気分で話が弾み、楽しい出会いの場にもなるはずです。
気になった人がいたら、そこで連絡先を交換して、恋愛に発展する可能性もありますよ。
仕事終わりに行ける気軽さもあるので、出会いを求めている人は積極的に行ってみましょう。

いつ声をかけられてもOK♡自分磨きHow to


せっかく良い出会いがあっても女性として魅力的でなければ恋愛に発展しません。
いつ素敵な男性と出会ってもいいように日頃から自分磨きをしましょう。
下記に自宅でできる自分磨きHow toを紹介します。

・肌のコンディションは常に良い状態を保つ

目が二重でぱっちりしていたり、痩せてスレンダーな女性よりも肌が綺麗な女性は魅力的に感じる男性が多いです。
そのため、しっかり肌のコンディションを整えていつでも接近戦OKな状態にしましょう。
日頃の保湿ケアはもちろん大切ですが、しっかり睡眠を取ることやジャンクフードを夜遅くに食べ過ぎないことも美肌を保つためには大切なことです。
時間があるときはスペシャルケアとしてコットンパックやシートマスクをするのもおすすめ。
肌が綺麗だと男性が好きな素肌感のあるメイクやナチュラルメイクも映えて、自分に自信が持てます。

・リップケアでぷるっとした唇をキープ

冬の乾燥ほどではありませんが、夏は紫外線で唇が荒れることも結構あります。
ガサガサの唇は第一印象が悪いので、日頃からリップクリームを塗ったり、週に3〜4回はリップスクラブをしたりと唇のケアを欠かさず行いましょう。
ぷるっとした唇は女性らしさの象徴あり、男性も注目するポイントです。

・ムダ毛のケアも忘れずに

海やプールに行く人はもちろん、露出の多い夏はしっかりムダ毛のケアをしましょう。
また、浴衣を着るときはうなじのムダ毛処理も忘れずに。
せっかくかわいいメイクやファッションをしても、ムダ毛を見つけてしまうと男性はげんなりしてしまいます。
細かい部分にも気を使うと、より一層魅力的な女性へ近づけますよ。

まとめ


夏におすすめの出会い場所や自分磨きの方法を紹介しました。
出会いは待っていてもなかなかありません。
彼氏をゲットしたい人は、テンションの上がる夏を利用して、自分から積極的に声をかけてみましょう。
もしかしたら、結構早く彼氏ができるかもしれませんよ。

The following two tabs change content below.
リアタイ 編集部

リアタイ 編集部

「明日役立つカワイイをあなたに」をコンセプトに明日役立つ知識や、インフルエンサーのあれこれをお届け♡

関連記事

  1. ついに始まった新生活。しつこく誘ってくる上司のかわし方とは?

  2. コスパ抜群!!夏の小旅行はコテージに泊まってみませんか?

  3. 幸せを掴む為の13ヶ条!この人と付き合えば本当に幸せになれる?彼との将来を占います♡

  4. たっぷり寝たはずなのに…夏の寝苦しい夜に快適で質の良い睡眠を取る為のHow to♡

  5. ただの海水浴じゃつまらない!思い出に残るオススメのマリンレジャースポットHow to♡

  6. 夏バテで食欲低下…。そんな時はお酢を使った献立で、食欲を取り戻しましょう♡

  7. 常夏の楽園、ハワイでリフレッシュ♡絶対ハズレなしのオススメレストラン&カフェをご紹介

  8. 手軽で美味しい♡おうちにハーブのある生活!ハーブペタル ポーション

  9. いつもの感謝を伝えたい!! お母さんを笑顔にするプレゼント特集♡

人気の記事をPICK UP

インフルエンサー特集記事

PAGE TOP