「ひと夏の恋」でもいいかも。女子をトキめかせてくれる男性を今年は探せ!

「ひと夏の恋」ってなんだか刺激的で少し切ないイメージがありますが、それでも一気に燃え上がる恋を経験してみたいという人も多いのではないでしょうか?

ひと夏の恋は文字通り夏に始まって、夏の間に終わる恋のことを言います。

今回は、あえてひと夏の恋を楽しむためのポイントについて紹介するとともに、ひと夏の恋の相手として魅力的な男性の特徴にも触れていきます。
夏の恋にワクワクしている人はぜひチェックしてみてください。

ひと夏の恋を楽しむためのポイント


ひと夏の恋を楽しむためのポイント

全国で梅雨入りでどよ〜んとしたムードですが、梅雨が明ければ夏はもう直ぐそこ!
来月の今頃には燦々と照りつける太陽の季節に。

今から夏を楽しむ為の準備はしておきましょう。

期間限定であると割り切る


ひと夏の恋はその名の通り、1回の夏で始まって夏の終わりとともに終焉を迎えるものです。

少し切ない気もしますが、時間に限りがあるからこそ燃え上がるのが早く、情熱的な恋愛ができるのです。

ひと夏の恋は期間限定に恋なので、あらかじめそのことを念頭に置いておく必要があります。
ひと夏の恋を楽しむためには、余計な情などを抱くと終わりを迎えてもなかなか諦めることができなくなってしまいます。

羽目を外さない


ひと夏の恋は情熱的で刺激的なので、ついついのめり込んでしまうこともあるでしょう。

夏場は開放的な気分にもなりますから、ついついブレーキが壊れてしまいがちです。
しかし、羽目を外しすぎると結局辛い思いをするのは自分になってしまいます。

刺激が欲しいからといって複数人と遊んでいると周りからの評価にも関わりますし、信頼を失うこともあります。
酔った勢いで、というのが一番危険なパターンなので、ひと夏の恋といえどもある程度の節度を守ることが大切です。

相手に日常の友人は選ばない


夏場に友人たちとレジャーに行くと、いつもと違う雰囲気に魅力を感じることもあるでしょう。

特に会社のイベントなどでは、普段は真面目に仕事をしている仲間のはしゃぐ姿に恋心を抱いてしまうこともあるかもしれません。

しかし、普段から親しく接する機会が多い人とひと夏の恋をしてしまうと、そのあとが大変です。
恋愛が終わった後も少し気まずい雰囲気になってしまいますし、会社に居るのが辛くなってしまいます。

ひと夏の恋は、飲み会などで出会った顔見知りでない人を選ぶと良いでしょう。

全て自己責任で行う


ひと夏の恋をする場合には、ある程度危険があることをしっかりと自分の中で理解しておく必要があります。
さらっと終わらせることができれば楽ですが、終わり際にどちらかが未練を持ってしまうと面倒です。

また、ひと夏の恋で燃え上がるような情熱を持ち、ロマンチックな夜を過ごすこともあるかもしれませんが、複数の人と遊んでしまうと性病などをうつされてしまうリスクもないわけではありません。

ひと夏の恋にはこれらの危険があることを了承した上で、自己責任で行うようにしてください。

男心を学んでおく


ひと夏の恋をする男性には、女慣れをしていて遊びなれている人が多い傾向にあります。

そのため、男性経験の少ない人がひと夏の恋をしようと思うと中々大変なものです。
男心を理解していないと男性の気持ちを汲み取ることができず、恋愛を楽しめないこともあります。

刺激的な恋愛をするためにはある程度のテクニックや男心の知識は必要になるので、あらかじめ学んでおくようにしましょう。

全てをさらけ出さない


ドラマチックで刺激的な恋愛をしようと思ったら、男性からはミステリアスな女性の方が魅力的に映ります。

全てをさらけださないからこそ男性が「もっと知りたい」と思ってアプローチをかけてくるのです。
自分からなんでも話しているようだと、男性からは「つまらないな」と感じられてすぐに関係が終わってしまうこともあります。

自分のことは聞かれたら少し答える程度にして、あまり積極的に自分の情報を開示しないことも大切です。

過剰に相手を求めない・依存しない


ひと夏の恋は基本的に期間限定のものとして楽しむものです。

男性側は本能で「遊びたい」と思ってひと夏の恋をすることも多いので、女性側もそれくらいのフランクな気持ちでいないと自分が後で苦しむことになります。

自分の好きという感情をコントロールするのは中々難しいことではありますが、相手のことを好きになりすぎて本気になってしまうと、いざ恋が終わった時に途方もなく傷ついてしまい、立ち直るのに時間が掛かる場合があります。

相手に依存せずにしっかりと自分の軸を持って、期間限定と割り切って付き合うことが大切なのです。

要注意!?ひと夏の恋でハマってしまう男性の特徴


ワイルドな男性

夏はイベントが盛りだくさん。
それだけ出会いも多くなる季節です。

もしもこんな人に出会ってしまったら要注意!?

ひと夏の恋だけと思っていたつもりが、ズルズルと関係を持つことで自分が傷つくことにもなりかねない…と言う男性の特徴をまとめました。

ワイルドで女慣れしている


ワイルドな男性というのは今も昔も人気で、やはり刺激的な雰囲気があるので女性としてもドキドキしやすいものです。

また、男慣れしていない人にとっては特にそうですが、女慣れしている人は魅力的に映るものです。
乙女心を熟知している男性はあの手この手で女性が喜ぶことをしてくれるので、女性としても夢中になりやすいのです。

このタイプの男性はリードするのも上手いので、男性主体の関係が心地いいという人にとってもたまらないほど魅力的な男性と言えます。

男なのに可愛らしい一面を持っている


女性には母性本能というものがあり、男性の仕草や言動に「可愛らしさ」を感じることもあるでしょう。

もともと言動などが柔らかい男性の可愛らしい一面も魅力的ではありますが、男らしい人がたまに見せる可愛らしい一面は、非常に魅力的なものです。
仕事もできて完璧そうに見える男性がたまに見せる弱気な一面を見ると、「守ってあげたい」という気持ちを抱いてきゅんとすることもあるでしょう。

計算高く、準備が綿密


ひと夏の恋などを多く経験している男性は、刺激的な恋愛を楽しむ術を熟知しているので、常に計算をして動くことができます。

どの場面でどのような発言をすれば女性が喜ぶのかなどということも把握しているので、女性側としてもついついはまってしまうのです。
アクシデントなども実は計算のうちだった、なんていう強者の男性もいますが、コントロールされすぎると傷ついてしまうこともあるので気をつけなければなりません。

トークが上手い


そこまでイケメンでなくてもモテる男性というのはたくさんいますが、彼らに共通しているのは「トークが上手い」「話が面白い」ということです。

女性は面白い男性に惹かれることも多いですから、ユーモアのある男性はそれだけで魅力的と言えます。
トークが上手いと「もっと話していたい」「もっと一緒にいたい」という気持ちを抱きやすく、相手の男性に夢中になる人もたくさんいます。

自分を笑わせてくれるような男性と一緒にいると、自然と気分も明るくなってくるものです。

自然なボディタッチができる


ボディタッチは男女の関係を深めるために有効な手段とされていますが、度合いを間違えると一気に不快感を持たれてしまうので気をつけなければなりません。

あからさまにボディタッチをしてる人はセクハラに感じてしまうこともありますが、モテる男性というのはボディタッチの度合いが上手いのです。
じっとりを触るのではなく、話の盛り上がっている時に軽く触れてくるようなボディタッチは、女性側としてもドキッとすること間違いなしです。

夜の営みが上手い


ひと夏の恋を多く経験しているような遊び上手な男性というのは、当然場数を踏んでいるので、夜の営みが上手い人が多いです。
体の相性というのも大切ですから、行為の最中も楽しませてくれる男性というのは、やはり恋をより燃え上がらせてくれます。

自分本位ではなく、きちんと相手のことも考えてお互いに快適に過ごせるように工夫してくれる男性は、やはりポイントが高いと言えるでしょう。

まとめ


今回は、ひと夏の恋で男性をときめかせてくれる男性の特徴や魅力について紹介してきました。

刺激的で情熱的なひと夏の恋を楽しむためにも、様々な出会いを探してみると良いでしょう。

The following two tabs change content below.
リアタイ 編集部

リアタイ 編集部

「明日役立つカワイイをあなたに」をコンセプトに明日役立つ知識や、インフルエンサーのあれこれをお届け♡

関連記事

  1. コスパ抜群!!夏の小旅行はコテージに泊まってみませんか?

  2. 6月22日は夏至。宇宙エネルギーの切り替えポイントを感じて、なりたい自分に成長しませんか?

  3. 20代の恋愛って難しい。ハタチを超えてから彼氏ができない女の特徴とは?

  4. いつも周りに大勢の人が。人気者の秘訣ってなんなの?無条件に愛される人の特徴

  5. 過去のトラウマが原因?自信をすっかり無くしてしまった自分を励ます方法

  6. 6/3 双子座新月♡正解に縛られることなく軽やかに一歩踏み出そう!

  7. 都内で可愛い写真が撮れる♡夏のインスタ映えスポットを特集!!

  8. たっぷり寝たはずなのに…夏の寝苦しい夜に快適で質の良い睡眠を取る為のHow to♡

  9. 令和はもっと可愛く生きるんだ。新しい時代をもっと可愛く生きるために済ませておきたい事。

人気の記事をPICK UP

インフルエンサー特集記事

PAGE TOP