大流行の兆し!フェスでも大注目のエモすぎる邦ロックバンドを特集します♡

夏といえば海、花火そしてロックフェス!!

ロックバンド好きには一番テンションが上がる季節なのではないでしょうか。
フェスは自分の好きなアーティスト目当てで行くことはもちろん、様々なアーティストを聞ける最高の機会です。

そこで今回は、フェスでも大注目のエモい邦ロックバンドを紹介します。
フェスではおなじみだけど意外と知られていない邦ロックバンドや、最近注目されている邦ロックバンドまで幅広くチョイスしましたのでお楽しみに!

フェスで絶対聞くべし!おすすめの邦ロックバンド


・KEYTALK

KEYTALK
出典:keyralkweb.com

2007年に結成、2013年にメジャーデビューを果たした4人組ロックバンド。

MONSTER DANCEが1番有名な曲で、誰でも1度は聞いたことがあるかもしれません。
バンド名のKEYTALKは、ジャズピアニストの上原ひろみさんの楽曲「Keytalk」からとったもの。“音階で会話する”といった意味が込められています。

踊れるロックバンドと言われており、ノリの良い楽曲が多くフェスでもかなり盛り上がります。

ロックバンドなのですが、J-popのようなポップで明るい曲がメインなので、ロックが苦手な人も楽しめます。

公式サイトはこちら >

 

・UNISON SQUARE GARDEN

UNISON SQUARE GARDEN
出典:unison-s-g.com

斎藤宏介(Vo.&Gt.)、田淵智也(Ba.&Cho.)、鈴木貴雄(Dr.&Cho.)から成るスリーピースバンド。
3人は小学校の同級生で、2004年にバンド結成。今年15周年を迎えます。

「ユニゾン」の愛称で親しまれており、ハイトーンボイスの甘い声で女性にもファンが多いロックバンドです。

TVアニメTIGER & BUNNYオープニング・テーマとして起用された「オリオンをなぞる」、血界戦線のエンディングテーマ「シュガーソングとビターステップ」が代表曲でカラオケで歌うと盛り上がります。
その他にも明るくテンションが上がる曲がたくさんあるので、知らない人は是非聞いてみてください。

公式サイトはこちら >

 

・GLIM SPANKY

GLIM SPANKY
出典:glimspanky.com

ボーカル&ギター松尾レミとギターの亀本寛貴からなる2人組のロックユニット。
1960~70年代のロックやブルースを基調にしつつ、現代的で独自のアレンジを加えた楽曲は特に20代に支持されています。

「怒りをくれよ」がONE PIECE FILM GOLDの主題歌として起用されたことで一躍有名になりました。
尾田栄一郎氏は「ラジオで初めてこの歌声を聴いた瞬間からホレてました」と絶賛しているほど。

ボーカルの松尾レミのハスキーボイスは心を震わせ、一度聞いたら虜になること間違いなしです。

公式サイトはこちら >

 

・夜の本気ダンス

夜の本気ダンス
出典:okmusic.jp

2008年に結成、2015年にメジャーデビューした京都出身の4人組ロックバンド。
疾走感があるアグレッシブなサウンドの曲で、ロックフェスやイベントで入場規制がかかるほどの人気ぶりを見せつつあります。

TAKE MY HANDは木曜ドラマ真木よう子主演の「セシルのもくろみ」の主題歌に起用されました。

バンド名にあるように、踊れる曲はもちろん、切ないバラードも人気で曲のバリエーションが豊富なのも魅力。
どこか昭和の歌謡曲のような、でも決して古くはなく現代的でユニークなロックバンドです。

公式サイトはこちら >

 

・go!go!vanillas

go!go!vanillas
出典:cdn-ak.f.st-hatena.com

go!go!vanillas、通称バニラズは2012年に結成された4人組ロックバンド。

ローリング・ストーンズやビートルズに代表される古き良きUKロックをベースに、カントリーやサンバ、民族音楽といった多彩な音楽をミックスしたようなサウンドが人気。

曲を聞くと自然と気持ちが高ぶるような、高揚感のあるメロディーが特徴です。

公式サイトはこちら >

 

・Saucy Dog

Saucy Dog
出典:saucydog.jp

2013年に結成されたスリーピースバンド。

2016年12月に開催されたMASH FIGHT vol.5にてグランプリを獲得。
その後、2016年12月26日に公開された「いつか」のMVがヒットし知名度が広がりました。

ボーカル&ギターの石原慎也さんの甘く伸びるような優しい歌声が魅力的で、ドラム&コーラスのせとゆいかさんとのハーモニーも抜群に良いです。

歌やパフォーマンスはもちろんなのですが、ライブでの振る舞いやファンサービスも素敵との意見が多く、特に10~20代の女性に支持されているバンドです。

公式サイトはこちら >

 

・sumika

sumika
出典:sumika-official.com

片岡健太(Vo.Gt)、黒田隼之介(Gt.Cho)、荒井智之(Dr)、小川貴之(Key.Cho)からなる男性4人組のロック&ポップバンド。

ライブでは常にゲストを迎えて行ったり、通常のバンド形態で演奏することもあれば、アコースティック形態で演奏することもあったりと、かなりユニーク。

劇場アニメ「君の膵臓を食べたい」の劇中歌、主題歌を歌ったりと数々のタイアップ曲を手がけています。

ロックとポップが融合した絶妙なメロディラインで、心に響いてすっと頭に残る歌詞も魅力的。
ボーカルの片岡健太さんの低く大人っぽい声は、是非ライブ会場やフェスで聞いて欲しいです。

公式サイトはこちら >

 

・BLUE ENCOUNT

BLUE ENCOUNT
出典:blueencount.jp

2004年結成の男性4人組ロックバンド。

2015年にアルバム「TIMELESS ROOKIE」でメジャーデビューを果たしました。
ボーカル田邊駿一さんの中世的な歌声と発音のよいネイティブな英語が魅力的で、初めて聞いた人はネイティブの人が歌っていると勘違いするほど。

BLUE ENCOUNTが手がける音楽は、口ずさめるようなキャッチーさと洗練されたロックが融合されており、若手のバンドの中でも独特で個性的な魅力を持っています。

「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ」オープニングテーマSurvivoや人気アニメ「銀魂」のオープニングテーマとして起用されたDAY×DAYなど、アニメタイアップも多くロックファンだけでなく様々な年齢層に人気のあるロックバンドです。

公式サイトはこちら >

 

・Mrs. GREEN APPLE

Mrs. GREEN APPLE
出典:c.okmusic.jp

2013年に結成し、2015年にメジャーデビューを果たした5人組ロックバンド。

結成わずか2年でメジャーデビューし、しかもその当時、全曲のソングライティングを手がけていたボーカル&ギターの大森元貴さんはまだ10代という若さでした。

一度聞いたら耳に残る大森さんの歌唱力とメロディが魅力的なのはもちろんですが、ビジュアルもイケてることでも知られています。
また、元気が出たり勇気が出る歌詞からラブソングまで幅広く手がけており、とても心に響く歌詞にも定評があります。

公式サイトはこちら >

 

・04 Limited Sazabys

04 Limited Sazabys
出典:c.okmusic.jp

GEN(ボーカル・ベース)、HIROKAZ(ギター)、RYU-TA(ギター・コーラス)、KOUHEI(ドラム・コーラス)がメンバーの、 2008年に結成された男性4人組ロックバンド。

ボーカル&ベースのGENさんの甘いハイトーンボイスが特徴で、その声とは裏腹に歌詞が力強く心に響くのも魅力的。
メンバー全員若い見た目をしていますが、1988年生まれで今年31歳!

意外と遅咲きのロックバンドなんです。

しかし、苦労があったからこそその歌詞やメロディが人々の心に響いて、今最も注目を集めているロックバンドと言っても過言ではありません。

公式サイトはこちら >

・[ALEXANDROS]

ALEXANDROS

出典:alexandros.jp

最後に紹介するのは4人組男性ロックバンドの[ALEXANDROS]。

ワタリドリが代表曲でCMでも起用されたため、知っている人も多いと思いますが、このバンドを知らない人には是非聞いて欲しいエモいバンドなので紹介します。

ボーカル&ギターの川上洋平さん、ベース&コーラスの磯部寛之さんが帰国子女なので、ネイティブな英語で歌う歌詞がとっても魅力的。
どのロックバンドとも被らない、独自の音楽スタイルで幅広い年齢層に支持されています。

フェスで盛り上がる曲はもちろん、川上洋平さんの甘い声で歌うバラードもファンの間ではとても人気。
曲のバリエーションがとにかく豊富で、新曲が出るたびに話題となるフェスでは絶対聞くべきなロックバンドです。

公式サイトはこちら >

 

エモい邦ロックバンドを聞いて10倍楽しもう!


大流行間違いなしのエモい邦ロックバンド11組を紹介しました。
この記事を見て気になるバンドがあったら、是非曲を聞いてみて下さい。

フェスは新しい音楽やアーティストを発見できる最高の機会なので、知らない音楽にどんどん触れてフェスを楽しみましょう!

The following two tabs change content below.
リアタイ 編集部

リアタイ 編集部

「明日役立つカワイイをあなたに」をコンセプトに明日役立つ知識や、インフルエンサーのあれこれをお届け♡

関連記事

  1. 母性を求めている男子も多い?モテるカカア女子になる秘訣。

  2. 「ひと夏の恋」でもいいかも。女子をトキめかせてくれる男性を今年は探せ!

  3. 溢れ出る生活感。ショールームのようなお部屋にする為に必要な雑貨とは?

  4. ジューシーでふわふわ♡とろけるような口どけの一心堂のフルーツ大福がおいしすぎる!!

  5. 夏といえばかき氷!ふわふわで頭がキーンとならないかき氷を食べれるお店を特集します!

  6. くせ毛さんには地獄のような季節がやってくる・・・梅雨に備えてくせ毛さんのお悩みを解決!

  7. 切実に幸せを手に入れたい。現実重視で考えるには彼のどこをみるべき?

  8. 夏バテで食欲低下…。そんな時はお酢を使った献立で、食欲を取り戻しましょう♡

  9. もしかしたらこじらせ病かも? 恋を逃してしまう女子の特徴を読み解く!!

人気の記事をPICK UP

インフルエンサー特集記事

PAGE TOP