女の子なら誰もが経験済み?マジしつこい。粘着系男子を撃退する方法!!

男性にも色々な性格の人がいますが、素敵な男性もいれば少し困ってしまうようなタイプの人もいます。
中でも、いつまでもネチネチと粘着してくるタイプの男性は本当に厄介なものです。

このような男性に言い寄られると女性としても大きな迷惑を感じてしまうでしょう!!

ということで今回は、気をつけるべき粘着男子の特徴や、そんな粘着系男子を撃退するための方法を紹介していきます。
自分、もしくは友人が困っているという場合には、役立ててみてください。

粘着系男子の特徴


粘着系男子

え!!なんで・・・?
と思うような行動を取るのが粘着系男子の特徴。

こういった行動が見られる男子は、その素質あり・・・?

メール・電話の頻度が高い


粘着系男子は、女性との距離の取り方がわからず、電話やメールを頻繁に送ってきます。

よく言えばマメなのですが、粘着質の男性は1回に送ってくる文章の数が長いのも特徴です。
毎回長文で送られてくると、女性としてもうんざりしてしまいますし、返すのが面倒になります。

また、女性の都合を考えずにメールや電話を送ってこられると、仕事などに集中できずに迷惑に感じてしまうこともあるでしょう。

嫉妬心が強い


粘着質な男性は、人一倍嫉妬心が強いのでその面でも気をつけなければなりません。

好きな女性が少しでも別の男性と話をしていれば途端に機嫌が悪くなってしまいますし、そんな彼に付き合うのもなかなか大変なものです。

常に人と比べたがる傾向があり自分に劣等感を抱いているため、気になる女性を誰かに取られるのではないかと常にヒヤヒヤしているのです。
そのため、束縛するなどの行為に走ってしまうこともあります。

わけもなく不機嫌になる


粘着質な男性は、好きな女性を思い通りにしようとしてそれが叶わない時に不機嫌になることがあります。
急な予定が入って別れを告げようとすると、途端に不機嫌になってしまうという少々厄介なところがあるのです。

怒ればいうことを聞いてもらえるというふうに思わせてしまうとどんどんエスカレートするので、毅然とした態度で嫌な時は嫌と言いましょう。

そうすることで、彼に振り回されることなく過ごすことができます。

色々なことを根に持ちやすい


粘着系男子は、過去に起こったことを根に持ちやすい傾向にあります。

もう済んだことを引っ張り出してきていろいろと文句を言ってくることも多いので、疲れてしまうこともあるでしょう。
済んだことは済んだことと割り切ってくれる男性ならばさほどストレスもかかりませんが、このようなタイプの場合はいつも精神的に負担をかけられてしまいます。

付き合うことで苦労することが目に見えているので、このような男性とは距離を置いた方が良いでしょう。

依存心が強い


粘着質な男性は「粘着」とつくことからもわかるように、好きな人や恋人ができるとその相手に依存して、離れられなくなってしまいます。

相手を手放したくないあまりに、脅しや虚言を言って手段を選ばずに引き留めようとするところがあります。

依存心が強いばかりに束縛やこだわりが強くなり、女性側の気持ちが離れていくことがわかるとさらにこれらの行動がエスカレートしてしまうこともあります。

過去の恋愛を引きずりがち


粘着質な男性は好きな女性に依存することを紹介しましたが、それゆえに別れた後も過去の恋人を引きずってしまいがちです。

未練の気持ちも人一倍強いので、別れた相手をなかなか忘れることができず、新しい恋人ができても過去の恋愛を引きずってしまうのです。

ふと元カノのことを思い出しては心を痛め、その度に精神的に不安定になって今カノに負担をかけてしまうこともあります。
これは、粘着質な人は一つのことにこだわりを持ちやすいのが原因とされています。

寂しがりや


粘着系男子は恋人への依存心が強いため、寂しがりやな傾向があります。

寂しがりなので連絡もまめになって返さないと不機嫌になってしまいますし、常に恋人の行動を把握したくなって束縛をしてしまうのです。

寂しさがエスカレートするとさらにさらに女性の行動を制限してしまうこともあり、付き合いきれないと感じてしまうこともあるでしょう。
そのような場合にははっきりと嫌なことを伝えないと、どんどん行動がひどくなってしまいます。

思い通りにならないとすぐ怒る


少し述べましたが、粘着質な男性は女性に対して依存心などを抱きがちで、自分の思うようにいかないと不機嫌になってしまいます。

恋人となかなか会えなかったり、あっても女性側に急用ができてすぐに戻らなければならないなどの場面に直面すると、何も言わないままむすっとしてしまうのです。
その姿はまるで小さな子供のようで、軽度であればまだ可愛いのですが、大の大人が怒りをあらわにしてしまうのは恥ずかしいものです。

プライドが高く、支配欲も強い


男性はもともとプライドが高い生き物ではありますが、粘着質男子の場合は人一倍その傾向があります。

また、支配欲も強いために、彼女を自分の思い通りにしたいという欲望があります。それゆえ嫉妬心も強く、他の男性と少し話をしているだけで嫉妬に狂うなど少々過激な一面もあります。

支配欲が強いのは裏を返せば自分に自信がない証拠であり、だからこそ女性とつなぎとめておきたくて支配したくなるのです。

潔癖症の人が多い


粘着質の男性は、潔癖性の人が多いとされています。
こだわりが強いので、部屋がきれいでないと耐えられないことが多いのです。

そのため片付けが苦手な人と付き合うのは困難で、ことあるごとに衝突してしまうこともあるでしょう。

支配欲が強く粘着質な男性の場合は、彼女が部屋の掃除が苦手な場合には口うるさく掃除を促し、ネチネチと文句を言うこともあります。
そのような点でも付き合いきれないと感じてしまうこともあるでしょう。

しつこい粘着質男の撃退法


パンチ

できれば上記のような粘着質な男とは、距離を置きたい所。
どうすれば、粘着質な男とオサラバできるのでしょうか?

優しくしない


しつこい粘着男性は、優しくするとどんどん行為がエスカレートしてしまいがちです。
そのため、相手に気がないとわからせるためには優しく接しないことが大切です。

少し心が痛むこともあるでしょうが、少しでも優しくすると勘違いしてしまう人も多いのです。

対応をドライにして接することを続けていれば、この人には依存できないと感じて離れていくことも多いでしょう。

返信は短文で送る


長文でメッセージを送ってくる粘着男子に付き合うのは、なかなか大変なものです。

悪いかもと思ってこちらも頑張って長文で返信しても、その連続になるとさすがに疲れてしまうものです。
相手にする気がないのであれば、長文でメッセージを送ってこられたとしても短文で返すのが良いでしょう。

長文を送ってもそっけない返事しか返ってこなければ、相手もつまらないと感じて身を引いてくれることもあります。

笑顔を見せない


誰にでも笑顔で接することは素晴らしいことですが、勘違いしやすい粘着系男子に興味がないことを伝えるためには、あえて笑顔を見せないことが大切です。

あえて笑顔を見せないことで、粘着質な男性もさすがにつまらなく感じて距離を置くこともあります。

忙しさをアピールする


粘着系男子に付き合うのはなかなか大変なものです。そのような場合には、忙しくて付き合っていられないというようなことを暗にアピールしていくと良いでしょう。

自分とだけ仲良くしてくれないとなると粘着系男子は逆上してしまうこともありますが、忙しくて誰と遊ぶ時間が取れないということであれば納得してもらいやすいです。

メッセージをするときには既読をすぐにつけると、返信がないことをしつこく言ってくるので、未読スルーでやり過ごすことも大切です。

まとめ


今回は、相手にするのが厄介な粘着系男性特徴や、正しい対処方法について紹介してきました。
粘着系男子は相手にするとどんどん行動がエスカレートしてしまうので、極力対応をドライにして相手にしないことが大切です。

上手に対応して、このような男性とも上手に付き合っていくようにしましょう。

The following two tabs change content below.
リアタイ 編集部

リアタイ 編集部

「明日役立つカワイイをあなたに」をコンセプトに明日役立つ知識や、インフルエンサーのあれこれをお届け♡

関連記事

  1. 大流行の兆し!フェスでも大注目のエモすぎる邦ロックバンドを特集します♡

  2. 夏ランチの救世主!冷凍うどんは、レンチン調理で簡単♡冷たいスタミナうどんで夏のランチを楽しもう!

  3. ティーン世代必見!絶対外さない♡今日から真似できる! 最新のインスタ映えの写真テク!

  4. 時短メニューで彩りもバッチリ?レンジで簡単そぼろお弁当レシピをご紹介します!

  5. 暑くてバテ気味。夏のおかずに悩んだときは、 お酢を使ったお肉料理! 美味しく食べて夏を乗り切りましょ…

  6. 恋の上級者は心理術を使う?「リアタイ」が送る!!あした役立つ恋のテクニック特集♡

  7. 慌ただしいお母さんの味方!朝食や夏休みのランチに簡単にできる♡子どもも喜ぶワンプレート!

  8. 次の元号はタピオカって噂も?世界一かわいいタピ活ができるお店♡ノナラパールをご紹介♡

  9. 秋はインドアもあり!おうちデートはいい香りで♡おすすめルームフレグランスをピックアップ♡

人気の記事をPICK UP

インフルエンサー特集記事

PAGE TOP