令和はもっと可愛く生きるんだ。新しい時代をもっと可愛く生きるために済ませておきたい事。

平成の時代も終わり、新元号「令和」の時代に突入しました。

新しい時代を前に心がワクワクしているという人も多いのではないでしょうか?
せっかく元号をまたぐ瞬間に立ち会えたのですから、新しい時代を迎える前に身の回りのケアを徹底しておきましょう。

ということで今回は、「令和」を迎えて早速取り入れたい身だしなみのケアや生活習慣の見直しについて紹介していきます。

令和を迎えてやっておきたい身だしなみケア


令和を迎えてやっておきたい身だしなみケア

令和の時代を迎えて、これから頑張っておきたいケアには、どのようなものがあるのでしょうか?
心機一転新時代を迎えるためにも、きれいになるためのケアは欠かさないようにしましょう。

ボディケア


気持ちよく新しい元号に自分の気持ちをシフトするためには、ボディケアをして自信を持てる体にしておくことが大切です。そのためには、以下のような3つのケアを心がけましょう。

ムダ毛のケア

ムダ毛があると人の視線も気になってしまいますし、人にも良い印象を与えません。
そのため、きちんと定期的に脱毛をしたりセルフケアを行って、ムダ毛のないすべすべの素肌を目指しましょう。

関連記事:夏の準備開始!光脱毛のメリット・デメリット・各サロンの特徴まとめ!3ヵ月全額返金保証付きのサロンも?

汗や体臭のケア

汗や体臭は、女性としては気になる部分ではないでしょうか。
特に春先からは気温も上がるので、汗が蒸れることによるにおいが目立ちやすくなります。自分では気にならなくても、他の人に不快感を与えてしまうということもあるので、身だしなみの一環としてにおいのケアも忘れずに行いましょう。

ケア方法としては汗をかいたなと思ったらデオドラント剤を使うのも良いですし、こまめにシャワーを浴びるのでも良いでしょう。

角質ケア

角質が肌に蓄積すると、毛穴をふさいで肌がたるんで見えてしまったり、また雑菌が繁殖して肌トラブルを起こしてしまうことがあるので注意が必要です。
角質ケアは毎日やりすぎると肌への負担になってしまいますが、2週間に1回ほどのペースでケアを行っていくようにしましょう。

角質ケアのためにはピーリング剤が有効なので、市販のものを使ったり、自分で塩や砂糖などを使って自家製のものを作ってみるのも良いでしょう。
ピーリング剤を使う時には、ゴシゴシとこすらずに優しくなでるように肌に乗せていくのがポイントです。

関連記事:大人気のSABONのボディスクラブで目指せすべすべお肌♡

メイクの直し


新しい時代に入る前に、メイクも見直すことが大切です。
メイクの方法がいつもと同じでなんだか飽きてきているという人は、せっかくの機会なのでメイクのやり方も変化させていきましょう。

ベースメイク

素肌をきれいに見せるためには、ベースメイクを見直す必要があります。ナチュラルで透明感乗るメイクに仕上げるためには、化粧下地などは塗りすぎず、ファンデーションも薄くつけることが大切です。

また赤みが気になるという場合には、グリーン系のコントロールカラーを使った化粧下地などを使うのもおすすめです。
テカリが気になる場合にはツヤ感を出す下地は控えて、マット系のアイテムを使いましょう。

関連記事:ミシャのクッションファンデ全品比較!マット?ナチュラル?好きなクッションファンデが見つかるかも♡

ポイントメイク

ポイントメイクの見直しも、メイクの雰囲気を変えるためには重要です。
いつも華やかな人はナチュラルな雰囲気のメイクに挑戦してみるとよいでしょう。
色味を抑えてて肌をきれいに見せることで、自然体の雰囲気に仕上げることができます。

少し物足りないと感じる場合には、アイシャドウやリップなど、ワンポイントを引き立たせるメイクをするとよいでしょう。

コスメ

心機一転新しい時代を迎えるためには、メイクに使う道具も新調してみましょう。
新しい気分でメイクを楽しむことができるようになりますし、メイク後の気持ちも盛り上がります。

春夏には新作のコスメも販売されることが多いですから、そちらもチェックして気になるものがないか見てみると良いでしょう。
コスメを一新したら、メイク方法などを研究して自分の好みのメイクを見つけていきましょう。

日焼けしない肌を作る、UVケアの見直し


日焼けをするとメラニン色素が沈着し、シミやくすみなどの肌トラブルが増えてしまいます。
令和になる5月からは紫外線の量も増えますから、徹底した紫外線対策を行うことが大切です。

紫外線対策のためには日中に外に出るのを控えたり、アームカバーや日傘、帽子などで肌の露出を抑えたりすることが大切です。

また、春先から日焼け止めをしっかり塗って、紫外線によるダメージを抑える工夫もしましょう。

フレグランスの見直し


香水をよく使うという人は、気持ちを新たに新しい時代を迎えるために、必要なものとそうでないものを分けて、また新しくフレグランスを買い足しましょう。

フレグランスもどんどん新作が出ているので、こまめに香水ショップをチェックして好みのものがないかチェックしてみましょう。
雑誌などのトレンドにも新作が紹介されることが多いので、そちらで気になったものを口コミなどをチェックして購入するのでも良いでしょう。

新作のコスメをチェックする


新作コスメも春先にたっぷり販売されるので、こちらもチェックしておくことが大切です。
新作コスメを手に入れると気分も盛り上がりますから♡

関連記事:2019年夏コスメはこれがバズる!? 先取りしたいトレンドコスメたちをご紹介します♡

生活習慣を見直す


生活習慣を見直す

ボディケアを極めて気持ち良く新時代を迎えるためには、日頃の生活習慣の見直しも大切です。
今のうちに日々の過ごし方を見直していきましょう。

早寝早起きを心がける


毎日仕事で朝から晩まで働いているという人も多いでしょうが、できるだけ睡眠時間を削らないように心がけましょう。

睡眠不足になると肌の生まれ変わりを促す成長ホルモンの分泌が不十分になるので、肌がボロボロの状態になってしまいます。
美肌を目指すためには、肌のゴールデンタイムと呼ばれる22~2時の間はできる限り眠っておくことが大切です。

また、質の良い睡眠をとるために寝る前はスマホを触らないなどの心がけもしましょう。

栄養バランスの良い食事を取る


栄養バランスのとれた食事をとることも、体のきれいのためには重要なポイントです。
特に美肌ビタミンといわれるビタミンCやビタミンB類などは積極的にとるようにしましょう。
エイジングケアのためには、若返りビタミンといわれるビタミンEも必要です。

栄養バランスのとれた食事をすることで体を内側からケアすることができ、肌質の改善にもつながっていきます。

適度な運動をする


肌の代謝を高めてトラブルをケアするためには、適度な運動を取り入れることも大切です。
といっても普段運動をする習慣がない人がいきなりハードなことをしても挫折しやすいので、まずは続けられそうな簡単な運動から始めましょう。

例えば時間があるときにウォーキングを取り入れたり、踏み台昇降などの日常でできる簡単な運動を行っていくと良いでしょう。

ストレス発散を心がける


ストレスを溜めずに生きることは現代社会では難しいことですが、ストレスの蓄積は体に大きなダメージを与えてしまうので、極力避けたいところです。
ストレスがたまると活性酸素が増えて細胞が破壊されるので、肌の潤いなどを保つための成分の分泌量も低下します。

その結果、肌荒れやトラブルにつながってしまうのです。

ストレスをためないことは難しいので、適度に発散させるように心がけていきましょう。

ダイエットに挑戦する


心機一転新しい時代を迎えるためには、ダイエットに挑戦してみるのも良いでしょう。
少しずつ地道にでいいので、目標を立ててダイエットをしていくことできれいを手に入れることができます。

まとめ


今回は、新時代をもっと可愛く生きるために見直したいケアを紹介してきました。

新しい元号に変わるのは記念すべきことなので、良いスタートダッシュを切るためにもきちんとボディケアや生活習慣の見直しをして、きれいになる努力をしていくことが大切♡

自信のある自分で、新しい時代を目一杯楽しみましょう!

The following two tabs change content below.
リアタイ 編集部

リアタイ 編集部

「明日役立つカワイイをあなたに」をコンセプトに明日役立つ知識や、インフルエンサーのあれこれをお届け♡

関連記事

  1. 恋の上級者は心理術を使う?「リアタイ」が送る!!あした役立つ恋のテクニック特集♡

  2. 副菜1品を3分でクッキング、和食の基本「一汁三菜」を叶えます!晩ごはんを楽しく作りませんか?

  3. 暑くてバテ気味。夏のおかずに悩んだときは、 お酢を使ったお肉料理! 美味しく食べて夏を乗り切りましょ…

  4. 母性を求めている男子も多い?モテるカカア女子になる秘訣。

  5. 20代の恋愛って難しい。ハタチを超えてから彼氏ができない女の特徴とは?

  6. 春は甘酸っぱい季節♡たまには過去を振り返って青春デートをしてみよう!!

  7. 令和の夏こそ彼氏ゲット♡おすすめ出会いの場はどこ?

  8. くせ毛さんには地獄のような季節がやってくる・・・梅雨に備えてくせ毛さんのお悩みを解決!

  9. 切実に幸せを手に入れたい。現実重視で考えるには彼のどこをみるべき?

人気の記事をPICK UP

インフルエンサー特集記事

PAGE TOP