乾燥、花粉のダメージがお肌に・・・。夏に向けて溢れる透明感を取り戻す方法

春はぽかぽかとした陽気に包まれて過ごしやすい季節ですが、悩みの種である花粉に悩まされる人も多いのではないでしょうか?
くしゃみや涙などの花粉症の症状とは別に、肌も花粉によってダメージを受けるので、肌が敏感な人などは肌荒れを起こしやすくなります。

では、どうして花粉によって肌荒れが起こってしまうのでしょうか?
今回は花粉による肌荒れの原因と、その対策方法について紹介していきます。

花粉で肌が荒れるのはどうして?


花粉で肌が荒れる

出典:mylohas.net

花粉を浴びることによって肌荒れが起こる場合がありますが、これはどうしてなのでしょう?

花粉症皮膚炎


花粉症によって起こる肌荒れのことを「花粉症皮膚炎」と呼びます。
2~4月の時期は花粉の飛散量もピークを迎えるので、肌荒れが起こりやすくなるのです。

花粉症皮膚炎の症状としては乾燥や肌のひりつき、赤みなど様々ですが、花粉症特有のかゆみやくしゃみなどの症状が出なくても肌荒れは起こるという人もいます。
皮膚が薄い顔周りは特にダメージを受けやすいので、注意しましょう。

そのままにしておくとどんどん悪化してしまうので、早めの対策が大切です。

かきむしる事で悪化


花粉が肌に付着すると、それがダメージになってかゆみを伴います。
かゆみをきちんとケアすることも大切ですが、かゆいからといって肌をかきむしることでさらに大きなダメージになってしまうこともあるので注意が必要です。

かきむしると肌が傷ついて、より刺激に対して敏感になってしまうので、かゆみがあってもできる限り軟膏などを塗って対処しましょう。
かゆみさえ抑えることができれば、花粉症による肌ダメージもケアしやすくなります。

バリア機能の低下


肌にはもともとバリア機能というものが備わっていますが、これは外部刺激の影響を受けてその機能が低下してしまうことが多いです。
特に乾燥や紫外線の影響で地肌のバリア機能は低下しやすく、そうなると肌を自ら守る力が作用しなくなるので、肌荒れが起こりやすくなります。

バリア機能は花粉の刺激によっても低下するので、極力花粉を素肌につけないように気をつけなければなりません。

乾燥


肌の乾燥は、大きなダメージをもたらす原因になるので極力控えましょう。
肌が乾燥すると、前項で挙げたようなバリア機能が低下するので、素肌が刺激に敏感になり、そこに花粉がつくことによって大きな肌ダメージにつながる恐れがあります。

そのため、普段から肌を乾燥させないための工夫をしたり、保湿ケアを徹底していくなどのケアをすることが大切です。

花粉による肌荒れの対策方法


花粉による肌荒れの対策方法
出典:naru-navi.com

花粉によって肌荒れが起こってしまうと、鏡を見るのも嫌になって気分も憂鬱になるものです。
そうならないためにも、花粉の時期にはとにかく徹底して肌荒れ対策をしていかなければなりません。

洗顔・クレンジングをいつもより徹底的に


肌につく花粉は極力落とさなければならないので、外から帰ってきたら洗顔やクレンジングを徹底して、肌を清潔な状態に保つことが大切です。
ただ、ゴシゴシとこすりすぎると逆に素肌に大きなダメージを与えてしまうので、優しくなでるように洗うことが大切です。
洗顔料を使うのであれば十分に泡立てて、クレンジングも指と素肌が極力触れないように洗うようにしましょう。

正しい洗顔方法を心がけていれば、素肌を清潔にして花粉のダメージを受けにくい状態を作ることができます。

低刺激のアイテムを使う


花粉が地肌に着くと大きなダメージとなって、肌が荒れやすくなります。
そうなると化粧品に配合されている添加物にも反応して肌荒れを起こす可能性があるので、花粉症の時期には低刺激のスキンケアアイテムに切り替えることも大切です。

保存料や着色料などの添加物を配合していないアイテムであれば地肌に負担をかけることも少ないですし、肌荒れを抑えてきれいな素肌を保つことができます。

いつも使っているスキンケア用品で肌がピリピリするようになったら、切り替えてみたほうが良いでしょう。

保湿ケアを忘れない


花粉が素肌に着くとバリア機能が低下して乾燥しやすい状態になります。
そうなるとさらに肌荒れが悪化してしまう可能性があるので、バリア機能を正常に保つためにもしっかりと保湿をすることが大切です。

特に素肌が敏感な人や乾燥しやすい人は、春先には特に保湿作用の高いスキンケアアイテムを取り入れるなどしてケアをしていく必要があります。

十分に保湿をすることができればターンオーバーも整うので、肌荒れも改善されやすくなります。

紫外線対策をする


花粉以外にも、紫外線によって肌が大きなダメージを受けてしまうことがあります。
春先から紫外線は徐々に強くなっていくので、しっかりと日焼け止めを塗るなどして対策をしていくことが大切です。

日差しが強い時間には外に出るのを避けたり、抗酸化作用のある食品をとるなどすることで、紫外線による肌ダメージを減らすことができます。

また、外に出る際に肌を露出しないことや、日傘やアームカバー、帽子などのアイテムを取り入れることも大切です。

栄養を摂る


栄養が偏ってしまうと、お肌にとっても悪影響が出てしまいます。
肌を作るためのタンパク質はもちろん、美肌ビタミンと呼ばれるビタミンCなどを積極的に摂取することで花粉に負けない健康的な素肌を保つことができるようになります。

忙しくて外食やコンビニの食品ばかりだという人はこの機会に食生活を見直して、ビタミンを豊富に含む野菜などを中心とした食事に切り替えてみると良いでしょう。

花粉を浴びない工夫をする


花粉が素肌に着くことで肌荒れが起こってしまうので、花粉症を抑えるためには花粉を浴びない工夫をすることが大切です。

そのためには、外出時に肌を出さない格好を心がけたり、帰宅したら体についた花粉を払ってから入ったりするなどの工夫が大切です。
それでも家に微量の花粉は入ってきてしまうので、空気清浄機などを使ってケアをしていくことも大切です。
空気清浄機を使っていれば、家の中に落ちてしまった花粉なども吸い取ってきれいな空間を作ることができます。

規則正しい生活を送る


花粉によるダメージを抑えるためには肌のバリア機能やターンオーバーを整える必要があります。
そしてそのためには規則正しい生活を送ることが大切なので、日々の生活習慣を見直して生活の質を高める努力をしましょう。

早寝早起きをすることはもちろん、適度な運動を取り入れることでも代謝を高めることができるのでおすすめです。

また、既述のように食生活を見直してバランスの良い食事を心がけることも大切です。

肌荒れが起こってしまったらどうする?


肌荒れ
出典:kao.com

気をつけていても、実際に花粉によって肌荒れが起こってしまうこともあります。
そのような場合には、どうやって対処していけば良いのでしょうか?

肌荒れが起こってしまったらどうする?


花粉によって地肌が荒れている状態では、コスメの添加物なども刺激になる可能性があるので、極力肌に負担をかけないようにナチュラルメイクを心がけましょう。

炎症が目立ってしまうので嫌だと思うこともあるでしょうが、隠そうとするとどんどんメイクが厚くなってしまい、負担も大きくなります。
メイクをナチュラルメイクにすることで肌荒れも和らぎやすいので、少し我慢して実践してみてください。

病院で治療して貰う


自分ではどうにもできないと感じたら、肌荒れは病院で治療してもらうのも一つの手段です。
皮膚科などに行けば肌荒れに効果的な薬を処方してもらえるので、回復を早めることが可能です。

まとめ


いかがでしたか?

花粉症によって起こる肌荒れは厄介なものですが、きちんと対策をしていればさほど強いものではありません。
花粉症対策を徹底して、春先もきれいな素肌をキープしましょう!

The following two tabs change content below.
リアタイ 編集部

リアタイ 編集部

「明日役立つカワイイをあなたに」をコンセプトに明日役立つ知識や、インフルエンサーのあれこれをお届け♡

関連記事

  1. リップクリーム難民になってない?おすすめリップはやっぱりDHC♡

  2. 夏の悩み。髪の毛を明るくしたら今までの洋服達が似合わない? そんなあるあるを解消する方法♡

  3. 髪のパサつきが気になるこの季節だからこそ!冬にオススメな”ふわふわポニーテール̶…

  4. 東京もついに梅雨入り! 1日崩れない髪を作る為の準備How to

  5. たった”108円”でヘアケアができる時代到来!?大人気ヘアオイルが発売開始♡…

  6. 【肌質改善したい人は必見】もう特別なスキンケアは必要ナシ?令和の紫外線対策は”飲む…

  7. おすすめ5アイテム!冬は浮かない、馴染みの良いくすんだピンクでネイル!

  8. モチモチっ!憧れの水光肌になれるかも♡韓国クリニックの技術をおうち美容に取り入れよう♡

  9. 夏本番まであと僅か!本気の紫外線ケアで周りと差をつける陶器肌に♡

人気の記事をPICK UP

インフルエンサー特集記事

PAGE TOP