え?アイプチバレてる?バレないナチュラルな二重を作れるアイプチランキング

ぱっちり、クリっとした大きな目元に憧れている方は多いのではないでしょうか。
調査結果によると、日本人は7割が一重か奥二重なのだそうです。
そのため、余計にぱっちり二重に憧れる人が多いのでしょう。

関連記事:腫れぼったい目がコンプレックス。 奥二重さんはオルチャンメイクで200%可愛く仕上げよ!

二重にする方法には美容整形手術などもありますが、手軽にできる方法といえば、アイプチやアイテープなどの二重を作ることが出来るメイクアイテムです。

しかし、これらを使って二重にしていることがバレてしまうのは、できるだけ避けたいと思うはずです。
アイプチやアイテープなど様々な二重作成メイクアイテムがありますが、今回はその中から、
バレないでナチュラルに二重を作れるアイプチをランキングで紹介します。

アイプチをしているのがバレない目元とはどのような状態?


アイプチで二重を作って、憧れの二重になれたとしても、明らかにアイプチをしているとバレバレでは残念な目元になってしまいます。
アイプチであっても、できるだけ自然な二重であるように思われたいものです。

アイプチをしていてもバレない目元とはどのようになっている状態なのでしょうか。

・二重のラインが綺麗な一本線になっている

二重のラインは本来、一本で綺麗になっているもの。
それがガタガタになっていては不自然でいかにもアイプチで作っているとわかってしまいます。綺麗に接着できるもの、二重のラインが綺麗に1本に作りやすいものを選びましょう。

・二重の線がくっきりと食い込んでいる

自然な二重はくっきりと二重の線がまぶたに食い込んでいます。
しかし、明らかにアイプチで作ったんだろうなぁと思うような、二重の線が食い込まずに浮いたようになっている人を見かけることがあります。
キープ力がなく、段々と浮いてきてしまう場合もあります。
しっかりまぶたに食い込ませることが出来るものを選びましょう。

・下を向いた時にのりが目立たない

アイプチをしたときに一番困ることが、下を向いた時に接着していることがわかってしまうことかもしれません。
そのくらい、接着しているとわかりやすい状態になってしまうことが多いです。
メイクの仕方で工夫をすることも大事ですが、やはり接着していることがわかりにくく、下を向いた時に綺麗に見えるアイプチを選ぶ必要があります。

バレないナチュラルメイクなアイプチのトレンドは非接着の皮膜式


最近はまぶた同士を貼り付けて二重を作る、これまで一般的であったタイプのアイプチではなく、まぶたを接着することなく二重を作ることが出来る、皮膜式のアイプチが人気になっています。

皮膜式のアイプチは、二重にしたい部分に液体を塗り、液体の部分が乾くとまぶたが収縮して固くなり、アイテープのようになって、そこが折りたたまれて二重になるという仕組みです。

皮膜式アイプチのメリットとデメリット


・皮膜式のメリット

自然でナチュラルな仕上がりになり、二重を作っていることがわかりにく、バレにくいことです。
また、接着式は使い続けると瞼がのびてしまったりして、瞼へかなり負担がかかってしまいますが、その負担を防ぐことができます。

・皮膜式のデメリット

どうしても液体を塗って皮膜を作った部分がテカってしまいます。
麺棒で軽く撫でるように擦ると目立たなくなります。
また、上からラメのアイシャドウを塗ることでも目立ちにくくすることが出来ます。

皮膜式アイプチ人気ベスト5


D-UP(ディーアップ) オリシキ アイリッドスキンフィルム

オリシキ
出典:amazon

皮膜式のアイプチは値段が高く、コストパフォーマンスがあまりよくないものが多いのですが、この「オリシキ アイリッドスキンフィルム」は他の商品よりも価格が安く購入しやすいので、皮膜式に最初にチャレンジするのに最適な商品です。

購入しやすい価格なのにも関わらず、汗や水に強いウォータープルーフタイプで持ちもよく、それなのにお湯で簡単にオフができるという使いやすさ。

液が緩めなので、薄く塗れて仕上がりもナチュラルです。
しかし、そのため、まぶたが厚く、頑固な一重の方には少し効果が弱いかもしれません。

・アチーブ ルドゥーブル

アチーブ ルドゥーブル
出典:amazon

強力な膜を作ってくれるので、ハーフのような平行二重が作りやすい商品です。
他の皮膜式の商品で二重にならなかった人も二重になった!という口コミが目立ちました。

また、通常、皮膜式のアイプチはアイメイクを完成させた上から液を塗り、塗った後からはメイクがしにくい商品が多いですが、ルドゥーブルは他の商品と比べると塗った後もメイクがしやすいです。
オリシキと比べると倍の値段がしますが、2ml、4ml、8mlと種類があり、少ない量の商品から試していけるところは非常に便利です。

また、コラーゲンが配合されていて他の商品よりも成分が優しいところもポイントです。

・アイトーク ハイブリッドフィルム

ハイブリッドフィルム
出典:amazon

接着式のアイプチで有名なアイトークからも皮膜式のアイプチが登場しました。

非常に極薄の膜で仕上がるため、下を向いても本当に目立たない!という口コミが目立ちました。
ごく自然にできるだけナチュラルに仕上げたいという人にぴったりです。

しかし、目立ちにくいためか、この商品ではまぶたが持ち上がらなかった…という声もちらほら。

それでも、他の商品ではイマイチだったのにこの商品ではきれいに二重が作れたという口コミもあるので、瞼の重さや形による相性が他の商品よりも強いのかもしれません。
他の皮膜式の商品ではイマイチだった・・・という場合には試してみる価値がありそうです。

・ローヤル化研 ローヤルプチアイムSII スーパーハード

ローヤルプチアイム
出典:amazon

皮膜式のアイプチの元祖ともいえるのが「ローヤルプチアイム」です。
シリーズでいろいろなラインナップがあるのですが、その中でも強力なのがこの「ローヤルプチアイムSⅡ スーパーハード」です。

他の皮膜式の商品と比べると断トツでしっかり二重が作れます。
しかし、その分塗った部分が分厚く、ゴムっぽくなってしまい、何かを塗っているという存在感の主張が強いのでナチュラル感とは少し遠くなってしまうかもしれません。

それでも、メイクで工夫をすることで、目立たなく出来るので、どうしても接着式ではなく皮膜式で二重を作りたいけど、分厚い二重すぎてなかなか皮膜式は難しい・・・という人や、どうしても汗や水に強くないと困る!という人に最適な商品です。

また、強力な分、持続力も強いので、他の商品よりももちがいいです。
そのため、なかなかメイク直しがこまめにできないという人におすすめです。

しかし、他の商品と比べて断トツで値段が高く、コストパフォーマンスがよくないのが難点です。

エリザベス ラクオリ リキッドフィルム

エリザベス ラクオリ
出典:amazon

他の商品と比べて皮膜式であるにも関わらず、しっかりとした二重が作れます。
しかし、その分、どうしても塗ったところが目立ちやすくなってしまうのが難点な商品です。

「頑丈な一重が二重になった」という口コミが非常に目立ちます。

そのためか、奥二重の人や、二重のラインを修正したい人からは「塗ったところが目立つ」「うまくいかない」という口コミが多かったので、他の商品では二重にならないほどの重たい一重の人向けの皮膜式アイプチです。

接着式は嫌だけど、皮膜式ではうまく瞼が上がらない…という人にぜひ使ってみて欲しい商品です。

皮膜式アイプチを使用する際の注意点


皮膜式のアイプチは成分に「ゴムラテックス」を使用している商品が多いです。
ゴムラテックスアレルギーがある人もいますので、アレルギー体質であったり、肌が弱い人は成分を確認してから使用するようにしてください。

また、アレルギーが心配な場合はパッチテストをしてから使用するようにしましょう。

まとめ


今回はバレないナチュラルなアイプチということで、最近増えてきた皮膜式のアイプチベスト5を紹介しました。

自分に合うものを見つけて、バレずにナチュラルな二重を作って、コンプレックスをなくし、メイクを楽しんでいきましょう♡

The following two tabs change content below.
リアタイ 編集部

リアタイ 編集部

「明日役立つカワイイをあなたに」をコンセプトに明日役立つ知識や、インフルエンサーのあれこれをお届け♡

関連記事

  1. 美まつげアイメイクはツールで決まる!おすすめアイテムと使い方を紹介♡

  2. 本当に使える!?「3COINS」の 眉テンプレート4種類を比較検証♡

  3. メイク初心者さん向け!メイク&コスメの基本知識とやり方をなまこ流に伝授します♡

  4. お気に入りコスメを集めてオリジナルパレットを作ろう♡韓国コスメ「イニスフリー」を特集♡

  5. オイルクレンジングで脱乾燥肌が目指せちゃう!?本当に使えるプチプラクレンジングを探してみました!

  6. お肌ボロボロ…花粉でツライこの時期に本気でオススメしたいベースメイクアイテム♡

  7. 常岡珠希さんが選ぶ!冬メイクはリップをメインに♡女の子を全力で楽しもう♪

  8. 売り切れ必至!!エクセルから春の限定コスメが登場♡明日発売の新色を見逃すな!

  9. 迷ったら全色買いもあり?キャンメイクの新作「メルティールミナスルージュ」をたっぷりとご紹介♡

人気の記事をPICK UP

インフルエンサー特集記事

PAGE TOP