校則厳しすぎ・・・!先生にバレないメイクを3年A組永野芽郁ちゃんから学ぼう!

女の子はいつでも可愛くありたい!と思うものですが、校則でメイクが禁止されている学校は意外と多いものです。
しかし、そんな校則を守りつつも主張しすぎない控えめなメイクできれいを目指したいという人も多いでしょう。

ということで今回は校則が厳しい人のために、筆者も大好きだったドラマ「3年A組~今から皆さんは人質です~」に出演していた、
永野芽郁ちゃんのナチュラルメイクを紹介していきます。

校則が厳しい学校は多い


校則
出典:gahag.net

冒頭でも述べたように、校則が厳しくて好きなようにおしゃれができないという学校は意外と多いものです。
では、厳しい校則はどのようなものがあるのでしょうか。

メイクは基本禁止


学校では基本的にメイクが禁止されているところが多いです。
ただ、完全にメイクを禁止しているところよりは、濃いめのメイクを禁止しているところが多いので、
ナチュラルメイクであればさほど指摘されない場合もあります。

そのため、メイクをしていきたいというのであれば、しっかりメイクのポイントを押さえてナチュラルに仕上がるようにしていくと良いでしょう。
ナチュラルメイクであれば、さほど気づかれずに肌質などをきれいに仕上げることができます。

髪のカラーリングはNG


派手なメイクが禁止されている学校では、髪のカラーリングに対しても厳しい規定が定められている場合があります。
派手なカラーリングはもちろん、暗めトーンの茶髪なども禁止されている厳格などこともあるので、注意しなければなりません。

髪のカラーリングに厳しい規則がある場合には、長期休暇の間だけカラーリングを楽しんだり、
ヘアマスカラなどを使って髪を黒く見せることが大切です。

3年A組のドラマでは、永野芽郁ちゃんに注目が集まりました♡


永野芽郁

出典:haru-journal.com

3年A組のドラマでは引き込まれるストーリー性も話題になりましたが、それと同じように注目されていたのが主人公を演じる永野芽郁です。
学級委員という真面目な役どころなので服装やメイクも控えめでしたが、それでもナチュラルなメイクによって魅力が引き立っていました。

ということで今回は、ドラマ内の永野芽郁のメイクのポイントについて紹介していきます。

ショートボブで清潔感がある


ドラマ内ではショートボブ系の髪型だった永野芽郁ちゃん。
黒髪のショートボブは清楚で清潔感のある印象が魅力的で、上級生や先生などに目をつけられることもありません。
それでいて適度におしゃれな印象なので、校則が厳しいという人にとってはぴったりのヘアスタイルと言えるでしょう。

もちろん黒髪であれば長くても問題はないのですが、学校によっては髪の長さにもルールを指定している場合があります。
ロングヘアを禁止している学校でも、ショートボブは大活躍するでしょう。

適度なナチュラルメイク


冒頭でメイクについて紹介してきましたが、学級委員で真面目な性格のさくら(永野芽郁)は、
メイクも派手にはせずナチュラルに統一しています。
基本的に色味の強いコスメは使わず、ベースメイクなどに力を入れているのです。

そんな彼女のナチュラルメイクのポイントに関しては、後ほど紹介します。

真面目で一生懸命な人柄


さくらは真面目な優等生で学級委員という役であり、周りのことをしっかり見て人のことを優先して考えることができる優しい子です。
何事に対しても真っ直ぐに打ち込むので、慕ってくれる人も多いのです。

そんな人柄が周りの信頼を集めています。

3年A組の永野芽郁ちゃん学ぶナチュラルメイクのコツ♡


3年A組の永野芽郁ちゃん学ぶナチュラルメイクのコツ
出典:news.mynavi.jp

ドラマでの永野芽郁ちゃんのメイクはシンプルで上品なメイクですが、どのようなポイントを押さえたら良いのでしょうか。

ベースは盛りすぎない


ナチュラルメイクをする上で最も重要となるのがベースメイクです。
素肌をきれいに仕上げることで、ポイントメイクをさほど強調しなくてもメイク全体の雰囲気を、
清潔感のある雰囲気に仕上げることができるのです。

そのためにはベースメイクアイテムである化粧下地やファンデーションは厚塗りせず、薄めに肌につけることが大切です。
ベースメイクに時間をかけることで、ナチュラル感をアップさせることができます。

アイシャドウは「ナシ」か薄め


アイシャドウを塗る場合には、ナチュラルメイクの場合は派手にするのは良くありません。
アイシャドウを選ぶ際には肌馴染みの良いオレンジやブラウン系のカラーをセレクトすると良いでしょう。

もしくは、アイシャドウをあえて使わずに、目元のメイクはマスカラやアイラインだけで仕上げるというのも一つのポイントです。
目元のカラーを控えめにすることで、メイク全体をナチュラルに仕上げてベースメイクを際立たせることができます。

アイラインは薄め&目のキワに引く


アイラインを使う場合には、目元を強調する場合には太く引きたくなることもあります。
しかし、太き引き過ぎると二重の幅が狭まって見えるので、逆に目が小さく見えてしまいます。
また、アイラインを太く描くとメイクをしている感じが出て、校則に引っかかってしまうことがあるので注意が必要です。

そのため、ナチュラルメイクをする場合にはアイラインは目のキワギリギリに細く引くことが大切です。
そうすることで目を強調してデカ目に見せることができます。

マスカラでまつ毛を強調


アイメイクを仕上げるためには、マスカラも重要です。
特にナチュラルメイクではアイシャドウにカラフルなアイテムを使うことができないので、
マスカラを使ってまつげを強調することでぱっちりとした瞳に仕上げることができます。

マスカラ程度であればダマにならないようにきれいにつければさほど目立つことはなく、
ナチュラルでやり過ぎ感のないメイクに仕上げることが可能です。
校則が厳しい学校でも引っかかることは少ないです。

チークは淡くつける


チークも色味を濃く出しすぎると厚化粧になってしまうので、基本的にナチュラルメイクでは淡くつけることは大切です。

色味の調整が難しいという場合には、思い切ってつけずに仕上げるのでも良いでしょう。

リップは血色重視で選ぶ


リップメイクをする場合には、血色を重視して選ぶことが大切です。
あまり派手な色味を選ぶと不自然に目立ってメイクをしていることがわかってしまうので、
肌になじみやすいナチュラルなカラーのものを選ぶことが大切です。

コーラル系のカラーは肌にも合いやすく、派手すぎることもないので、ナチュラルながらも印象をぐっと高めることができます。
濃いめのレッドなどは浮いて目立ってしまうので避けて、あくまでも色味ではなくツヤ感などを重視して選ぶようにしましょう。

アイブロウは形を整えすぎない


メイクをする際には、眉の形をしっかりと整えることも大切です。
そのためにはアイブロウが重要なアイテムですが、眉の形を作りすぎるとメイクをしている感が出てしまうので、
適度のナチュラルな状態に仕上げることが大切です。

眉の形を整えることは大切ですが、眉を不自然に細くしたりシャープな形にしすぎるとメイクがバレてしまうこともあるので、
適度な無造作感を出してナチュラルに仕上げることが大切です。

髪はストレートで、品良く仕上げる


3年A組のドラマでの永野芽郁は、ショートボブの髪型が印象的です。
ストレートの髪型にすることでナチュラルで清潔感のある印象に仕上げることができますし、
何よりもかわいらしい印象に仕上がるのでおすすめです。

ロングヘアを禁止している学校もありますが、ショートボブであれば校則に引っかかることもありません。

まとめ


まとめ
出典:thetv.jp

今回は、3年A組のドラマの永野芽郁から学ぶ、校則の厳しい学校でも適度に盛ることができる
メイクのポイントと髪型について紹介してきました。
校則が厳しいとメイクをするのを諦めてしまう人も多いでしょうが、ポイントさえ押さえておけばメイクやおしゃれを楽しむことができます。

ポイントを押さえて、ぜひ試してみてください。

The following two tabs change content below.
リアタイ 編集部

リアタイ 編集部

「明日役立つカワイイをあなたに」をコンセプトに明日役立つ知識や、インフルエンサーのあれこれをお届け♡

関連記事

  1. イラスト付き!コスメ好きな漫画家なまこが解説!\初心者さん向け/ 【 ベースメイクアイテムの正しい使…

  2. そろそろモテ路線に走ってみる? モテメイク初心者でもできる美少女風メイク♡

  3. お肌ボロボロ…花粉でツライこの時期に本気でオススメしたいベースメイクアイテム♡

  4. 簡単ディズニープリンセス♡デイリーメイクにも使える!? ジャスミンになれるメイクプロセスを紹介♡

  5. 汗と湿気で化粧がドロドロ〜。 いや〜な季節を乗り切る為の必須アイテムたちをまとめました♡

  6. 接近戦の準備はok?海やプールでも崩れ知らずなファンデーションを特集♡

  7. 韓国でもブーム継続中♡グリッターアイシャドウでキラキラメイクを♪

  8. 噂の橋本○奈ちゃん風カラコン! 「ViVi Ring」シリーズをレポート♡

  9. 今年の夏こそ愛され女。 2019夏トレンドメイクの方法とコスメの紹介

人気の記事をPICK UP

インフルエンサー特集記事

PAGE TOP