美まつげアイメイクはツールで決まる!おすすめアイテムと使い方を紹介♡

長くて濃いまつげは永遠の憧れですが、マスカラで盛りすぎて太くなっていては残念ですよね。
やっぱり目指すところは1本1本が繊細で綺麗な美まつげ!

私も昔から目力アップのために、まつげはしっかりマスカラで長く濃く見せるタイプですが、汚いアイメイクに見えないよう頑張っています。

今回は、マスカラの工程で気をつけているポイントと、美まつげを作るために愛用しているツールをご紹介します♪

美まつげを作るためのプロセス


まずは、私がマスカラをする際気をつけているポイントをプロセスで紹介します。

1.ビューラーをする

ビューラー

ビューラーをするとき、「フィット感」や「角度」「根元ギリギリで挟むことができているか」などに気をつけている方も多いかもしれませんが、「挟む際の毛の向き」にも注目してください。

ビューラーは毛を挟んでカールを記憶させるので、この時の向きがバラバラになっていると最後まで修正しきれないことが多いです。

放射線状になっているかどうかを確認して、毛の向きがバラバラになっているようであれば指で整えてからぎゅっと挟みましょう。

ビューラーをした後の状態

↑ビューラーをした後の状態

2.マスカラ下地をつけてコームでとかす

マスカラ下地

マスカラ下地を使う場合はかなり薄くつけます。
下地を沢山つけてしまうと上から何をつけてもダマっぽく仕上がってしまうので要注意です。

つけた後はコームを使ってすぐにとかして1本1本がより細くなるよう意識してください。

3.マスカラをつけてコームでとかす

マスカラをつけてコームでとかす

マスカラのブラシの形状によっては液がたっぷりつきやすいという場合も多いです。
コームタイプの場合は難しいですが、まつげにつける前にケースのフチやティッシュなどで少ししごいておくのがおすすめです。

とにかくときまくる

マスカラをつけた後は乾いてしまう前にすぐにまたコームを使ってとかします。

二度塗りをしてボリュームや長さをプラスしたいという場合も、一度塗りをしてすぐにコームでとかす→少し乾いてから二度塗りしてすぐにコームでとかすという手順で行ってくださいね。
繊細まつげを作るためには“とにかくときまくる”ということが大切です。

コームでとかした後の状態

↑コームでとかした後の状態

コームはマスカラがダマになるのを解消したり、まつげ同士の絡まりを防ぐのに効果的です。
形を整えたり、カールを強くするために効果的なホットビューラーで仕上げていきます。

4.ホットビューラーでカールを強化

カールアップ

ホットビューラーを使って、さらにカールアップさせます。
写真のように、少しまつげをたるませるようにして動かすとより上がるのでおすすめです!

熱を加えることによってカールキープ力もアップしますし、分厚くなっている余分なマスカラを溶かして細くもしてくれるので仕上がりが全然違います。
ただし、熱に弱いマスカラだと長さやボリュームがかなり落ちてしまう場合もあるので、まつげに当てすぎないよう注意しましょう。

★完成★

まつげのカールも繊細さも断然綺麗

↑まつげのカールも繊細さも断然綺麗に!

必須アイテムはこの2つ!


IPSA:コーム

IPSA コーム

「梳かしまくる事」がポイントだとお伝えしましたが、コーム選びはかなり重要です。

アイブロウと併用できるものやスクリューブラシなど、様々なタイプがありますが、プチプラ出会ってもそうでなくても、しっかりまつげをキャッチしてくれないものが多いです。

こちらはイプサのまつげコームですが、デパコスなのに1,200円と取り入れやすく、まつげのキャッチ力は他のアイテムと比べものにならないくらい優秀です。

硬い材質なので折れたりする心配も少なく、一度購入すれば何年も使えると思います。

このまつげコームに出会ってからは、まつげを繊細に作るのがかなり上手くなりました。
マスカラがダマになりやすいという方にはぜひ取り入れていただきたいアイテムです♡

貝印:ホットアイラッシュカラー

貝印 ホットアイラッシュカラー

ホットビューラーもたくさんの種類がありますが、私は貝印のこの形が大のお気に入りで何年リピートして使用しています。

先の部分が細めでまつげが引っかかりやすいというところも良いですし、先端はまつげをとかせるようにコームのようになっていて便利!

カーブ部分をまつげの生え際に当てて根元から熱であげるという使い方もできるので、他の商品にない使い方もできちゃうんです。
折りたたみ式で持ち運びもしやすいので毎日ポーチに入れています♪

私は下地をかなり薄くつけているので使用していませんが……。

マスカラ下地塗ってコームでとかした後にホットビューラーを使用すると、工程は増えてしまいますがさらにカールキープ力も高まって繊細なまつげに近づけるのでおすすめですよ♡

まとめ♡


before after

Before→Afterで比べてみると違いは一目瞭然!

ツールを使って丁寧にメイクを進めていくか、ただマスカラを塗るだけではこれだけ綺麗さが変わるんです。
「ダマになりにくいマスカラ」を使用するよりもはるかに効果的ですし、ツールはすぐに壊れることはあまりないので結果的にはコスパも良いと思います。

まつげエクステをつけているときも、まつげの絡み防止のためにコームを、カールキープのためにホットビューラーを使用していたので万能に活用できますよ♡

塗るだけではないので面倒ではありますが、メイクが綺麗に見えるのはもちろん、ナチュラルに垢抜けて見えるのでぜひ実践して見てください♡

筆者のインスタグラムはこちらから


 

View this post on Instagram

 

空山 菜摘 / くうにゃんさん(@natsumi_sorayama)がシェアした投稿

The following two tabs change content below.

関連記事

  1. 日本未上陸!アジアで大人気の韓国コスメブランド「BLANBLAN」のコスメをレポ♡ 〜 オフィスにお…

  2. ブラウンライナーでナチュラル×パッチリの目元!買うべきはどれ?

  3. 春は華やかな目元にチェンジしよ♡「MISSHA」の新作アイシャドウをご紹介♪

  4. 絶対取り入れるべき! 自然なツヤ肌になれるハイライトパウダー4選♡

  5. メイク初心者さんにもおすすめ! プチプラで優秀な「SIXPLUS」のメイクブラシ

  6. 漫画家なまこが選ぶ!!まるでお菓子♡みたいなsweetコスメをまとめました♡

  7. オイルクレンジングで脱乾燥肌が目指せちゃう!?本当に使えるプチプラクレンジングを探してみました!

  8. 話題の新作コスメ♡Diorのマキシマイザーの新色をレポ♡

  9. 引き続き愛用したい! 200種類以上のレンズを試してきた マニアが選ぶおすすめカラコンリスト♡

人気の記事をPICK UP

インフルエンサー特集記事

PAGE TOP