アイラインを変えて優しい目元に! 透明感の出るぼかしラインの作り方♡

デカ目効果を出すためにはアイラインは強力な味方!

黒目の上だけ太くしてみたり、延長ラインを長くしてみたり、こだわりがある人も多いのでは?
しかし、最近では透明感のあるナチュラルなメイクが主流になっていることもあり、がっつりアイラインを引くのは時代遅れ感が出ちゃいますよね……。

そこで今回は!
書き方や色味ではなく、使用するコスメを変えてふんわりマイルドな仕上がりにしつつ、目元を大きく見せる方法を紹介♡
アイラインのせいでアイメイクが濃く見えがちな方は特に必見です♪

アイラインが濃いと清潔感に欠ける?


アイライナーを使用すれば縦幅横幅ともに、大きく見せることができることには違いありません。

ただし、ブラック×リキッドの場合は特にハッキリと強調されすぎて、透明感には欠けちゃうんです。
極細でまつげの間を埋めるだけという細さなら別ですが、そんなに太く引いていなくても目立ちやすいです。

ぼかしアイラインはこれで作る♪


1.ジェルライナー 

ジェルライナー

ブラウンカラーを選んだこともありますが、ジェルライナーなら境目がインクのようにハッキリと出ず、ぼけ感が生まれます。
同じ太さで引いているのですが、なぜか細くも見えますよね!
粘度があるテクスチャーなので、リキッドよりもつけた後修正がしやすいです。

昔はジェルライナーといえば、付属ブラシでジェルをとって使用するタイプのものが主流でしたが、今では繰り出し式など使いやすいものが沢山販売されているので取り入れやすいです。

★使用したのはコレ★

メルティブラウン

ドーリーウインク:ジェルライナー(メルティブラウン)

こちらのジェルライナーは先端が細く作られているので描きやすく、極細ラインも描けちゃいます。
目元全体のアイラインはもちろんですが、まつげの間を埋めるだけという時にもぴったりです。
ブラウンカラーなのに黒に近いという商品も多いですが、こちらはこげ茶ではなく優しいブラウンなところも良い◎

テクいらずでアイラインがマイルドに仕上がるので、ナチュラルメイク派さんにはもってこいだと思います。

2.ペンシルシャドウ 

ペンシルシャドウ

私は目尻のみ部分的にアイラインを引くことが多いのですが、まぶた全体に引きたいと思った際によく使用するのがペンシルシャドウです。

ペンシルなのでアイシャドウよりもハッキリと色味も濃くつくのですが、アイラインほどは濃くなりません。
そのため、アイシャドウとアイラインの境目を曖昧にして、まぶた全体をグラデーションっぽく仕上げることができます。

滲んだり失敗して変になったという心配もないのでメイク初心者さんにもオススメです。

★使用したのはコレ★

アイペンシル

エスポア:ブロンズ ペインティング ウォータープルーフ アイペンシル (ディープアトラクション)

ペンシルシャドウにも沢山種類がありますが、こちらは比較的細めでアイライナーとしても使用しやすいです。
また、ラメがほんのり入っているところも可愛い!

テクスチャーも固すぎず柔らかすぎないので、程よく密着しますがぼかしやすいというメリットがありますよ♡

3.明るめブラウンリキッド

ブラウンリキッド

ペンシルタイプやジェルタイプが苦手、もしくは描きにくいと感じる方もいるはず。

そんな方は明るめのブラウンカラーを選んで細く入れるのがオススメです。

さらに、リキッドアイライナーで引いた後に、境目を濃い色のアイシャドウでぼかすと柔らかい印象になりますよ♪
「アイラインが太くなってしまった」という時や「なんだか目元が濃く見える」なんて時も、このアイシャドウのぼかし技を活用することで綺麗に修正しやすいです。

★使用したのはコレ★

アイシャドウ

上→メイベリンニューヨーク:ハイパーシャープ ライナーR (BR-3)
下→イニスフリー:マイパレットマイアイシャドウ (No15)

メイベリンのピンクブラウンのアイライナーは、描きやすいのはもちろんですが、とにかく色味がオススメ!
想像よりもピンクの主張が強くないのでブラウンライナー感覚で使用することができますが、ピンクのニュアンスがある分、目元がくすんで見えず明るく見えます。

アイラインをぼかすために使用したアイシャドウはこちらを使用しましたが、ライナーとシャドウの中間色がベスト。パレットに入っている締め色をしようしても良しです◎

まとめ♡


アイライナー

カラコンのサイズやまつげやアイシャドウの濃さはナチュラルにシフトチェンジしていても、アイライナーだけは薄くできないという人を沢山見てきましたが、やはり他の人に比べてアイメイクが濃いと感じてしまいます。

アイライナーをふんわりマイルドに仕上げることで、透明感もアップすること間違いなし♡

今回紹介したのはカラーや質感を変えるだけなので、特に難しいテクニックもいりません!
まぶた全体に同じ太さで描きつつ、ナチュラルにも見せることができるのでぜひ実践して見てくださいね。

筆者のインスタグラムはこちらから


 

View this post on Instagram

 

空山 菜摘 / くうにゃんさん(@natsumi_sorayama)がシェアした投稿

The following two tabs change content below.
空山菜摘
韓国コスメ&メイク アドバイザー ・美容ライター ・コスメコンシェルジュ ・化粧品成分1級スペシャリスト

関連記事

  1. リムーバーを使って濃いメイクもすっきりオフ♡ 落とし方を”くうにゃん”が細か…

  2. ブラウンライナーでナチュラル×パッチリの目元!買うべきはどれ?

  3. メイク初心者さんにもおすすめ! プチプラで優秀な「SIXPLUS」のメイクブラシ

  4. \DAISO より新コスメブランド誕生/【 UR GLAM (ユーアーグラム)】

  5. DAISO×ハローキティ♡ 噂の100円リップを全色つけ比べ!

  6. 校則厳しすぎ・・・!先生にバレないメイクを3年A組永野芽郁ちゃんから学ぼう!

  7. 次にバズるのはこれ! 韓国で大人気の欲張りティント教えちゃいます♡

  8. お気に入りコスメを集めてオリジナルパレットを作ろう♡韓国コスメ「イニスフリー」を特集♡

  9. 唇が弱い人必見!唇がボロボロにならない方法&唇に優しい口紅♡

人気の記事をPICK UP

インフルエンサー特集記事

PAGE TOP